土地家屋調査士の一日を紹介する動画をご覧いただき、土地家屋調査士という仕事に少しでも興味を持っていただけたら幸いです。

 

調査士を目指す若者を描くことにより仕事をよりご理解いただける作品をご紹介します。

土地家屋調査士になるには

 例年10月第3週の日曜日に実施される「土地家屋調査士試験」に合格する必要があります。土地家屋調査士試験は、筆記試験と口述試験(筆記試験の合格者が対象です)に分けることができます。さらに、筆記試験は、「午前の部」と「午後の部」に分けることができます。測量士、測量士補、一級・二級建築士の資格を所有していれば、「午前の部」の試験が免除されます。土地家屋調査士になられる多くの方は、「午前の部」を免除されて合格しています。「午後の部」の試験内容は、民法、不動産登記法、土地家屋調査士法などから択一方式(5択)で20問、書式問題として2問(土地、建物)出題され、2時間30分という時間内に解答する試験です。

土地家屋調査士試験について

受験資格 制限なし(どなたでも受験できます)
試験科目 筆記
午前の部:平面測量10問/作図1問
午後の部:
[択一]不動産登記法・民法他から20問
[書式]土地・建物から各1問口述
1人15分程度の面接方式による試験
願書配布・受付 7月下旬~8月中旬 各都道府県(地方)法務局で配布・受付
試験日 筆記
10月第3週の日曜日口述
1月中旬(筆記試験合格者のみ)
受験地 東京、大阪、名古屋、広島、福岡、那覇、仙台、札幌、高松の全国9会場